「ジジイの文房具」沢野ひとし著

公開日: 更新日:

「ジジイの文房具」沢野ひとし著

 人生の傍らにはいつも文房具があり、それらは宿題や原稿に苦戦する著者を応援し、ときには旅のお供として寄り添ってきた。そんな長年にわたる数々の愛用文房具についてつづったイラスト&エッセー18編と15のコラムを収録。

 筆記具の中でも、鉛筆やボールペンと比べると素直にこちらの思い通りに動いてくれないという万年筆。著者の記念すべき初万年筆はモンブランの「山型リング」で、20歳の頃、京都の丸善でバイト代をはたいて購入したものだった。

 持ち歩き、詩など書き写して文学青年気分に浸っていたが、旅の記念に絵を描こうと三条大橋でモンブランを手にしたとき、なんと、手から滑り落ち鴨川の流れに消えていった--。

 山登りにはコクヨの小型ノートとファーバーカステルのシャープペンがお決まりだが、ヒマラヤでは寒さにやられ、スケッチはまるで幼児が描くつたない絵で、メモは「頭が痛い」「しんどい、もう山にはいかない、疲れた」と泣き言ばかりになった。また、マンスリータイプの手帳には、打ち合わせと称して毎晩飲み歩いていたある夜、妻に「手帳を見せなさい」と詰め寄られて渋々開いた思い出が宿っている。

 鉛筆削りからハサミ、電子辞書に至るまで、お気に入りを選び、使う楽しさが伝わってくる。

(集英社クリエイティブ 1870円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?