左太もも裏痛レッドソックス上原 「いつ戻れるか分からない」

公開日:  更新日:

 長期離脱は避けられそうにない。左太もも裏を痛めているレッドソックス・上原浩治(39)のことだ。

 チームとは別メニューで調整を続けるベテラン右腕は30日(日本時間31日)にブルペン入り。ジョン・ファレル監督ら首脳陣が見守る中、30球を投げた。依然として患部の状態は思わしくないのだろう。時折、左足をかばうようなしぐさも見せた。

 2日ぶりのブルペンにも上原の表情は冴えなかった。復帰の見通しについて聞かれると「いつ戻れるかは自分でも分からない。その日の状態を見ながら、やっていくしかない」と話した。

 ファレル監督はすでに上原を開幕から故障者リスト(DL)入りさせることをほのめかしている。指揮官は「開幕(6日)直前までコウジ(上原)の回復を待つ」としているが、残された時間は少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る