• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最下位レッドソックスが巻き返しに補強着々 さらに大物獲りも

 FAの目玉左腕ジョン・レスター(アスレチックス→カブス)の獲得に失敗した最下位球団が矢継ぎ早に先発投手の補強を図った。

 ウインターミーティング最終日の11日(日本時間12日)、レッドソックスがキューバ人外野手のヨエニス・セスペデスとの交換でタイガースの右腕リック・ポーセロ、ダイヤモンドバックスの左腕ウェイド・マイリーを獲得したと発表。さらにFAで右腕のジャスティン・マスターソン(前カージナルス)と1年950万ドル(約11億3000万円)で合意したことも明かした。

 実績のある先発投手が加入し、これでレッドソックスは5人のローテーションが確定した。最下位からの巻き返しを図るチェリントンGMは「補強は続ける」と話し、昨季のサイ・ヤング賞右腕マックス・シャーザー(前タイガース)ら大物取りに動くとほのめかした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る