Rソックス田沢 肉体改造&握り工夫で球速160キロ超えも

公開日: 更新日:

 日頃はスポットが当たりにくい中継ぎ投手が今季は話題を呼びそうだ。

 守護神・上原浩治へのつなぎ役として欠かせない存在となったレッドソックス・田沢純一(28)。今季はセットアッパーとして3年連続70試合以上の登板に加え、球速160キロ超えに注目が集まっている。

 田沢はメジャーでも有数の速球派だ。渡米2年目の10年に受けた右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術から復帰して以降は年々、球速がアップ。一昨年には最速97マイル(約156キロ)をマークした。

 米国の野球記録サイト「ファングラフス」によれば、昨季の田沢の平均球速は93.9マイル(約151キロ)。ア・リーグで50イニング以上に登板したリリーフ投手では20番目にランクされた(リーグ最速はヤンキース・ベタンセスの96.7マイル=約155キロ)。チームでは先発陣も含めてトップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る