• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上原開幕絶望の可能性 レッドソックス田沢が「守護神」昇格へ

 故障で出遅れている同僚のベテラン右腕を尻目にレッドソックス・田沢純一(28)が、順調な仕上がりぶりを見せている。

 29日(日本時間30日)はレイズ戦に登板し、1回を1安打無失点、1奪三振。これでオープン戦は6試合(計6イニング)を投げて3安打1失点、4奪三振で、防御率1.50。

 ここにきて、左太もも裏を痛めて別メニュー調整を続ける守護神・上原浩治(39)が開幕に間に合わない可能性が浮上。ベテラン右腕は開幕から故障者リスト(DL)入りが避けられない状況だ。

 ファレル監督は「九回のマウンドはひとりに限定せずに状況を見ながら起用していく」としているものの、田沢も守護神候補のひとり。田沢はチームの中継ぎ陣の中で最も安定感がある上に、平均球速93・9マイル(約151キロ)でレッドソックスのリリーフ陣では最速。各球団の主砲を力でねじ伏せる球威を持っており、守護神として計算できるからだ。

 上原の穴は十分に埋まりそうだ。

▼田沢のコメント
「(上原の代役について)僕は聞いたわけではないので、(起用法に)従うだけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る