上原開幕絶望の可能性 レッドソックス田沢が「守護神」昇格へ

公開日: 更新日:

 故障で出遅れている同僚のベテラン右腕を尻目にレッドソックス・田沢純一(28)が、順調な仕上がりぶりを見せている。

 29日(日本時間30日)はレイズ戦に登板し、1回を1安打無失点、1奪三振。これでオープン戦は6試合(計6イニング)を投げて3安打1失点、4奪三振で、防御率1.50。

 ここにきて、左太もも裏を痛めて別メニュー調整を続ける守護神・上原浩治(39)が開幕に間に合わない可能性が浮上。ベテラン右腕は開幕から故障者リスト(DL)入りが避けられない状況だ。

 ファレル監督は「九回のマウンドはひとりに限定せずに状況を見ながら起用していく」としているものの、田沢も守護神候補のひとり。田沢はチームの中継ぎ陣の中で最も安定感がある上に、平均球速93・9マイル(約151キロ)でレッドソックスのリリーフ陣では最速。各球団の主砲を力でねじ伏せる球威を持っており、守護神として計算できるからだ。

 上原の穴は十分に埋まりそうだ。

▼田沢のコメント
「(上原の代役について)僕は聞いたわけではないので、(起用法に)従うだけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  3. 3

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  9. 9

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る