大谷は打率メジャー首位と本領発揮も…「DH独占」でドジャース主力が出ずっぱりの憂き目

公開日: 更新日:

 大谷翔平(29=ドジャース)にエンジンがかかってきた。

 日本時間24日の対ナショナルズ戦で2試合連続となる6号本塁打。飛距離137メートル、打球速度は今季メジャー最速となる191.02キロの弾丸ライナーだった。翌25日の同カードでは、6打数3安打2打点をマークし、打率はメジャートップの.371。いよいよ本領発揮だが、大谷が打てば打つほどドジャースにとってやっかいな問題が生じる。

 DHは本来、主力が休養を取るためのポジションでもある。昨年のドジャースのDHだったマルティネスは113試合に出場。残り49試合のDHはスミス(14試合)、マンシー(10試合)、テイラー(7試合)、ヘイワード(6試合)、アウトマン(3試合)らが代わる代わる務めた。

 ところが今年は現時点で大谷が独占。ここまで26試合すべてDHとして出場している。大谷をDHに固定する代わりに、野手を飽和状態にして交互に休ませるのが今季のプランだったが、ここまでベッツ、フリーマン、ヘルナンデスの3人は大谷同様、26試合すべてに出場。マンシーは25試合、アウトマンは24試合、スミスは23試合と、主力野手はほとんど休まず試合に出続けているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった