レッドソックス大補強 FAの目玉2人に総額250億円

公開日:  更新日:

 昨季の世界一から一転してア・リーグ東地区最下位に沈んだレッドソックスが大型補強を敢行した。

 複数の米メディアが24日(日本時間25日)に報じたところによれば、レッドソックスはともにFAとなっていた前ジャイアンツのパブロ・サンドバル三塁手(28)、前ドジャースのハンリー・ラミレス遊撃手(30)の2人と合意に達したという。

 いずれも今オフのFA市場の目玉選手だけに契約内容は巨額だ。ジャイアンツ、パドレスの2球団からもオファーがあったサンドバルは5年総額1億ドル(約118億円)。ラミレスは5年契約8800万ドル(約103億8000万円)で、2200万ドル(約26億円)の契約金が支払われる。

 今季のレッドソックスはチーム打率2割4分4厘(リーグ13位)、総得点634(同11位)と深刻な貧打が失速につながったため、強打者2人の補強にいち早く動いた。「ESPN」(電子版)によれば、今季途中、アスレチックスに放出したエース左腕レスターの再獲得に動いているというから、今オフのレッドソックスは大盤振る舞いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る