センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

公開日: 更新日:

 31日に決勝戦を控えるセンバツ。アルプススタンドの応援は例年通り熱を帯びるが、球場全体をみれば、空席が目立つ。28日の準々決勝も、目玉となった大阪桐蔭と報徳学園の関西決戦は、平日の夕方とはいえ、観客数が1万2000人とガラガラだった。

 2018年には平成以降最高となる総入場者数54万人を達成したが、コロナによる中止を経て21年には14万人、22年には21万人、観客数の制限がなくなった昨年は、37万人だった。今年は大会9日目まで消化した時点で、一試合の平均観客数は1万2928人。昨年と同時期の一試合の平均観客数である1万3339人を下回る上に、コロナ前の水準にも程遠いのが実情だ。

 集客低迷の一因とされているのが、今年のセンバツから導入された低反発バットだ。鋭い打球による投手の事故防止などの観点から、従来のバットよりも反発係数を抑えたこの新基準バット。各校も筋トレを増やしたり、低く強い打球を打つことを心がけたり、対策を講じているものの、高校野球の現場では「フライが失速する」、「飛距離が10メートル落ちる」との声が続出。この大会中も芯で捉えたように見えた打球が失速したり、外野がこれまでより前進守備を敷いたりするなど、試合に影響を及ぼしている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!