年末年始もテレビ出ずっぱり バナナマン日村が息長く売れるワケ

公開日:  更新日:

「歯も虫歯を悪化させて奥歯を何本も失い、500万円もかけてインプラント治療を受けたんです。まさに、全身ボロボロですね。笑いをとるには、不健康もネタになっていいかもしれませんが、真剣に健康を考えた生活をしないと、せっかく稼いでも長生きできませんよ」(前出の芸能ライター)

 結婚でもして嫁さんに生活を管理してもらえばいいのだが、女性関係のウワサはサッパリ。あのキモい芸人の「アンガールズ」の山根良顕でさえ結婚したのだから、チャンスはあるはずなのだが。

 1972年5月14日、東広島市黒瀬町でサラリーマンの父・鉅氏、保育士の母・君香さん、兄の4人家族に生まれ、3歳の頃に転居して神奈川県相模原市で育った。子供の頃は太っておらず、色白でハーフのようなルックスで、女子にも人気が高かった。運動神経が良く、市立上溝中学時代はテニス部で部長を務めていた。

 県立相模田名高校在学中、同級生と「陸上部」というコンビを組み活動を始めたが、相方が活動をやめてコンビ解散。設楽と「バナナマン」を組んだのは93年。テレビに出演して知名度を上げたのは03年ごろからで、30歳を過ぎていた。遅咲きのブサイク芸人――意外と“ブサイクの星”!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る