年末年始もテレビ出ずっぱり バナナマン日村が息長く売れるワケ

公開日: 更新日:

「歯も虫歯を悪化させて奥歯を何本も失い、500万円もかけてインプラント治療を受けたんです。まさに、全身ボロボロですね。笑いをとるには、不健康もネタになっていいかもしれませんが、真剣に健康を考えた生活をしないと、せっかく稼いでも長生きできませんよ」(前出の芸能ライター)

 結婚でもして嫁さんに生活を管理してもらえばいいのだが、女性関係のウワサはサッパリ。あのキモい芸人の「アンガールズ」の山根良顕でさえ結婚したのだから、チャンスはあるはずなのだが。

 1972年5月14日、東広島市黒瀬町でサラリーマンの父・鉅氏、保育士の母・君香さん、兄の4人家族に生まれ、3歳の頃に転居して神奈川県相模原市で育った。子供の頃は太っておらず、色白でハーフのようなルックスで、女子にも人気が高かった。運動神経が良く、市立上溝中学時代はテニス部で部長を務めていた。

 県立相模田名高校在学中、同級生と「陸上部」というコンビを組み活動を始めたが、相方が活動をやめてコンビ解散。設楽と「バナナマン」を組んだのは93年。テレビに出演して知名度を上げたのは03年ごろからで、30歳を過ぎていた。遅咲きのブサイク芸人――意外と“ブサイクの星”!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

もっと見る