著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

木村拓哉「Believe」初回好発進は“ご祝儀”?堺雅人や長谷川博己はやっぱり役者として格が違う

公開日: 更新日:

 春ドラマがほぼほぼ出揃った中、後出しジャンケンのように今週から始まったのが木村拓哉主演ドラマ「Believe~君にかける橋~」(テレビ朝日系)だ。

 毎度のことだが、キムタクドラマはなぜかいつもスロースタート。思うに、どれも初回はご祝儀視聴率でよかったりするが、2週目はダウンすることが多い。よっぽど面白いものは別として。

 うがった見方かもしれないが、仮に他のドラマと横一線でスタートして視聴率が低いと目も当てられないので、他のドラマが2週目、3週目になり、視聴率が落ち着いたところで始めて、ご祝儀視聴率で目立とうという作戦ではないか。

 それだけではない。キムタクドラマおなじみの豪華な共演者たち。今回も北大路欣也や天海祐希竹内涼真斎藤工上川隆也小日向文世……と主役クラスで固めた。

 これでもかの番宣攻勢だが、今回も「帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP 木村拓哉参戦帰れま10&秘境バスサンド!」に出演。共演の竹内や斎藤を引き連れ、回転寿司「銚子丸」の人気ベスト10当てにチャレンジしていた。

 キムタクが番宣で出演するとなぜか接待番組になって面白さが半減するのもいつものこと。今回も初共演の竹内は「ずっと共演したかった」とおべんちゃら。さらに「木村さんがロケしているところに小さい時に見に行ったりしてました」と好きだった告白も。「ロンバケ会」をやっているという斎藤は「あの空気感、あの世界観、全キャラクターの織りなすものに浸りたい」と語った。聞いている方が恥ずかしくなった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方