秋吉久美子 元祖プッツン女優から「演技派」までの波瀾万丈

公開日:  更新日:

 映画「『わたし』の人生(みち)~我が命のタンゴ」で第11回モナコ国際映画祭の主演女優賞を獲得した秋吉久美子(59)。現役の医師でもある和田秀樹監督の介護問題を描いた社会派の作品で、秋吉は認知症を患う父(橋爪功)を介護する女性を演じた。

「わがまま」「生意気」とレッテルを貼られ、現場スタッフからも“もう秋吉とは仕事をしたくない”などと扱いにくい「元祖プッツン女優」。しかも、「演技力はいまひとつ」と業界関係者からささやかれていたが、還暦前に見事に演技派として認められた。

 1954年7月、静岡県富士宮市生まれ。公務員の父、母、2歳下の妹の4人家族。父親の仕事の関係で2歳で徳島、6歳で福島・いわきに転居した。小さい頃からクラシックバレエを習い、父親の誕生日には妹と創作ダンスを踊るなど、家族思いの子供だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る