日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年末年始もテレビ出ずっぱり バナナマン日村が息長く売れるワケ

 13年12月30日から14年1月5日までの1週間で、東京キー局のテレビ番組23本に出演し、全出演者の中で1位を記録。“年末年始の顔”となった。お笑いコンビ「バナナマン」を組む相方・設楽統は20本で2位。日村と「バナナマン」人気の高さを証明した。

 日村は前回の記録では11本で40位。今回と前回の数字だけを見ると、日村の人気が急上昇した印象を受けるが、実は08年12月31日から09年1月3日までの記録(東京キー局+NHK総合)でも19本と、お笑いタレントの中で1位だった。息長く活躍しているのだ。

■お笑いの原点を忘れない「バナナマン」

“ブサイク”“モテない”“キモい”といったイメージなのに、なぜそんなに売れているのか。

「ブサイクでキモいお笑いタレントというと、ほかにも『雨上がり決死隊』の蛍原徹や『NON STYLE』の井上裕介らがいますが、日村さんは彼らに比べ愛嬌があり女性ウケは必ずしも悪いわけではない。相方の設楽さんと仲が良いので『バナナマン』のイメージも良い。『バナナマン』はテレビで売れっ子になった今も、毎年、単独ライブを行うなど、お笑い芸人としての原点を忘れていない点も好印象ですね」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事