年末年始もテレビ出ずっぱり バナナマン日村が息長く売れるワケ

公開日:  更新日:

 13年12月30日から14年1月5日までの1週間で、東京キー局のテレビ番組23本に出演し、全出演者の中で1位を記録。“年末年始の顔”となった。お笑いコンビ「バナナマン」を組む相方・設楽統は20本で2位。日村と「バナナマン」人気の高さを証明した。

 日村は前回の記録では11本で40位。今回と前回の数字だけを見ると、日村の人気が急上昇した印象を受けるが、実は08年12月31日から09年1月3日までの記録(東京キー局+NHK総合)でも19本と、お笑いタレントの中で1位だった。息長く活躍しているのだ。

■お笑いの原点を忘れない「バナナマン」

“ブサイク”“モテない”“キモい”といったイメージなのに、なぜそんなに売れているのか。

「ブサイクでキモいお笑いタレントというと、ほかにも『雨上がり決死隊』の蛍原徹や『NON STYLE』の井上裕介らがいますが、日村さんは彼らに比べ愛嬌があり女性ウケは必ずしも悪いわけではない。相方の設楽さんと仲が良いので『バナナマン』のイメージも良い。『バナナマン』はテレビで売れっ子になった今も、毎年、単独ライブを行うなど、お笑い芸人としての原点を忘れていない点も好印象ですね」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る