年末年始もテレビ出ずっぱり バナナマン日村が息長く売れるワケ

公開日: 更新日:

 13年12月30日から14年1月5日までの1週間で、東京キー局のテレビ番組23本に出演し、全出演者の中で1位を記録。“年末年始の顔”となった。お笑いコンビ「バナナマン」を組む相方・設楽統は20本で2位。日村と「バナナマン」人気の高さを証明した。

 日村は前回の記録では11本で40位。今回と前回の数字だけを見ると、日村の人気が急上昇した印象を受けるが、実は08年12月31日から09年1月3日までの記録(東京キー局+NHK総合)でも19本と、お笑いタレントの中で1位だった。息長く活躍しているのだ。

■お笑いの原点を忘れない「バナナマン」

“ブサイク”“モテない”“キモい”といったイメージなのに、なぜそんなに売れているのか。

「ブサイクでキモいお笑いタレントというと、ほかにも『雨上がり決死隊』の蛍原徹や『NON STYLE』の井上裕介らがいますが、日村さんは彼らに比べ愛嬌があり女性ウケは必ずしも悪いわけではない。相方の設楽さんと仲が良いので『バナナマン』のイメージも良い。『バナナマン』はテレビで売れっ子になった今も、毎年、単独ライブを行うなど、お笑い芸人としての原点を忘れていない点も好印象ですね」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る