二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(8)

 ジャニーズのスキャンダル対策の陣頭指揮を執ってきたのがメリー喜多川副社長だった。タレントを「うちの子」と呼び、外敵(メディア)から徹底的に守ってきた。アイドル生命を左右する恋愛に関しては「恋愛を取れば人気も仕事もなくなるわよ」とタレントに諭していた。

 それでもアイドルも男。年頃になれば好きな子ができるのが自然。フォーリーブス時代から女性との話は染み出すように出てきていた。特に女性誌にとってアイドルの熱愛は売り上げにつながる目玉だ。力を入れるようになったが、確かな話を揃えなければ、「どこにそんな証拠があるの」とメリー氏に突っぱねられるのは目に見えている。

 多忙極めるアイドルの行動把握は難しく、週刊誌も機動力があった時代ではない。ひとりでコツコツと地道な取材活動も少なくない。そう簡単に証拠は見つからない。

 それを痛感したのが90年代、まことしやかに報じられていたというより噂ばかりが先行していた木村拓哉と通称“かおりん”と呼ばれる女性の交際だった。

 SMAP人気が右肩上がりの時期、ファンから端を発したかおりんとの熱愛。日増しに信憑性は増し「結婚するのでは」という話まで出ていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声