「バフェットの法則」覆せるか 10万円以下で買える必勝27銘柄

公開日:  更新日:

 安倍首相は“中曽根超え”をもくろんでいる――兜町界隈で先週あたりから囁かれだした見方だ。
「日経平均は2万円台を固めつつあります。次のターゲットとして、1982年11月から87年11月まで続いた中曽根内閣時の株価が取り沙汰され始めたのです。中曽根内閣は7898円からスタートし、2万2795円まで上昇した。安倍首相はこの2万2795円を超えたいのではないか。そういう見方が台頭しています」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 日経平均は先週22日に年初来高値(終値ベース)の2万264円41銭を付けた。東証1部の時価総額は591兆円(政府保有分は除く)に達し、過去最高だったバブル相場(89年12月)の590兆円を超えた。市場からは「初の600兆円超えは時間の問題」という勇ましい声が聞こえてくるが、一方で過熱感の指摘もある。

「“バフェットの法則”では、時価総額がGDPより多くなると、株価は暴落します。日本のGDPは約530兆円なので、もはや危険水域です」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る