• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
森山高至
著者のコラム一覧
森山高至建築エコノミスト

1級建築士。1965年生まれ。岡山県井原市出身。岡山県立井原高から早大理工学部建築学科に進学し、88年に卒業。斎藤裕建築研究所を経て、91年に株式会社アルス・ノヴァを設立し、代表に就任。04年に早大政治経済学部大学院経済学修士課程を修了した。建築家として関わった物件は1000件以上。長崎県の大村市協定強建替え基本計画策定など、公共建設物のコンサルティングに携わるほか、マンガの原作などの仕事も手掛ける。

<第5回>女性とIT活用で出直す時が来た

新国立競技場問題でもイメージはガタ落ち(C)日刊ゲンダイ

「ゼネコン=悪」なのか

 日本が経済大国と呼ばれるようになった頃からでしょうか。建設業界は多くの批判にさらされてきました。バブル期には政治家への不正献金によるゼネコン汚職や公共事業の談合疑惑。その後の不況期には手抜き工事の頻発、そして耐震偽装事件……今年は新国立競技場問題に杭データ偽装問題と業界を揺るが…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事