日本理化学工業・大山隆久社長<1>全社員の7割が知的障害者

公開日: 更新日:

 パワハラ、激務の果ての使い捨てなどといったブラック企業が横行する昨今だが、その対極とも言える会社がある。

 日本理化学工業は「日本一強く、優しい会社を目指す。人と環境に優しい商品を作り続ける」とHPに明記しているように、社員を心から大切にし、安全な製品づくりをモットーにしているチョークメーカーだ。

 主力製品は、粉が出にくい炭酸カルシウム製の「ダストレスチョーク」。近年、粉末状のホタテの貝殻を配合したことで、より環境に優しい商品となり、グリーン購入法適合商品の指定も受けている。

 同社では、全従業員の7割が知的障害者だ。

 といっても、決して慈善事業で雇っているわけではない。彼らは、日本のチョーク業界で50%のシェアを占めるトップメーカーの大切な戦力となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る