日本理化学工業・大山隆久社長<1>全社員の7割が知的障害者

公開日:

 パワハラ、激務の果ての使い捨てなどといったブラック企業が横行する昨今だが、その対極とも言える会社がある。

 日本理化学工業は「日本一強く、優しい会社を目指す。人と環境に優しい商品を作り続ける」とHPに明記しているように、社員を心から大切にし、安全な製品づくりをモットーにしているチョークメーカーだ。

 主力製品は、粉が出にくい炭酸カルシウム製の「ダストレスチョーク」。近年、粉末状のホタテの貝殻を配合したことで、より環境に優しい商品となり、グリーン購入法適合商品の指定も受けている。

 同社では、全従業員の7割が知的障害者だ。

 といっても、決して慈善事業で雇っているわけではない。彼らは、日本のチョーク業界で50%のシェアを占めるトップメーカーの大切な戦力となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る