日本理化学工業・大山隆久社長<1>全社員の7割が知的障害者

公開日:

 パワハラ、激務の果ての使い捨てなどといったブラック企業が横行する昨今だが、その対極とも言える会社がある。

 日本理化学工業は「日本一強く、優しい会社を目指す。人と環境に優しい商品を作り続ける」とHPに明記しているように、社員を心から大切にし、安全な製品づくりをモットーにしているチョークメーカーだ。

 主力製品は、粉が出にくい炭酸カルシウム製の「ダストレスチョーク」。近年、粉末状のホタテの貝殻を配合したことで、より環境に優しい商品となり、グリーン購入法適合商品の指定も受けている。

 同社では、全従業員の7割が知的障害者だ。

 といっても、決して慈善事業で雇っているわけではない。彼らは、日本のチョーク業界で50%のシェアを占めるトップメーカーの大切な戦力となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る