U23アジア杯優勝に導いた大岩剛監督の「ポスト森保」はパリ五輪でのメダル次第

公開日: 更新日:

 日本時間4日午前0時半にキックオフした、U23アジア杯決勝戦。日本はウズベキスタンを1-0で下し、2016年大会以来2度目の優勝を果たした。

 7月26日に開幕するパリ五輪のアジア最終予選を兼ねた今大会。4月30日の準決勝で難敵・イラクを破り、8大会連続の五輪出場を決めた瞬間、日頃はクールな大岩剛監督(51)は、ベンチ前でコーチ陣と抱き合い笑顔をふりまいた。

「優勝候補の韓国が、準々決勝でインドネシアに負けて五輪連続出場が9でストップ。大岩監督も『連続出場を途絶えさせるわけにはいかない』とプレッシャーに拍車が掛かった。それだけに重圧から解放された瞬間、いつものポーカーフェースを保てなかったのでしょう」(サッカー関係者)

 その大岩監督の周辺からは「パリ五輪でメダルを取れば、ポスト森保の一番手に躍り出る」という声が聞こえてくる。

 日本代表を率いる森保一監督(55)の後任候補には、Jリーグ優勝歴代最多の4回に加えて天皇杯、ルヴァン杯も制している鬼木達・現川崎監督(50)、G大阪監督時代の2014年に日本人初となる国内3冠を達成した長谷川健太・現名古屋監督(58)の名前が取りざたされてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質