眞子さんが小室圭さんと手にした“40平米の自由”…ジーンズにTシャツの質素な装いがメインに

公開日: 更新日:

 米ニューヨーク州の法律事務所で弁護士として激務をこなす夫の小室圭さんと結婚後、住まいがあったマンハッタンを離れ、現在NY郊外の高級マンションで新生活をスタートさせている秋篠宮家長女の眞子さん。

 それまで暮らしていたマンハッタンの1LDKのマンションは、昨年11月に賃貸契約が終了。1階にリビング、ダイニング、2階に3つのベッドルームに子供部屋、広大な庭やガレージを擁する白亜の大豪邸などが転居先として候補にあげられたが、2人が最終的に選んだのがマンハッタン時代と同じ1LDKのマンションだった。

「コネチカット州にあるジム付きの高級マンションで、40平米という狭さでも家賃は50万円することから、米国の家賃高騰ぶりには驚かせられます。いくら小室さんの年収が日本円にして4000万円に到達したとはいえ、白亜の大豪邸で暮らすのは時期尚早といったところではないでしょうか」(女性週刊誌記者)

 結婚するまで延べ床面積およそ1500平米のところで暮らしていた眞子さんにとって、2人暮らしとはいえ40平米はあまりにも狭すぎる。しかし、NYで狭小住戸での暮らしに慣れたためか、決断にためらいがなかった様子がうかがい知れる。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ