「Back to the Wild」柏倉陽介著

公開日: 更新日:

「Back to the Wild」柏倉陽介著

 日本の国土の約1.9倍もの広さがあるボルネオ島の豊かな森は、かつて生き物たちの楽園だったが、今その姿を急速に変えつつある。木が切り倒され、森だった場所にパーム油をとるためのアブラヤシ農園が次々と作られているのだ。

 農園に紛れ込んだゾウがワナにかかり足首がえぐれるほどのケガを負うなど、野生動物たちとのトラブルも多発。島固有の動物たちが減少し、絶滅の危険が追っている。

 ボルネオ島とスマトラ島にしか生息しないオランウータンも例外ではない。

 ボルネオ島サバ州にある野生動物の保護施設セピロク・オランウータン・リハビリテーションセンターには、すむ場所を追われ、母親とはぐれたり、目の前で母親を殺され保護されたオランウータンの孤児が保護されている。

 母親から森の中で生きる術を学べなかった孤児は、この施設でおよそ10年の歳月をかけてトレーニングを受け、森へと返される。そんな幼いオランウータンたちの姿を撮影した写真集だ。

 頭からつま先までタオルをかぶり、虚空を見つめているオランウータンのこども(表紙)。柔らかい頭の毛があちらこちらにはねて、まるで風呂上がりの幼児のようだが、実は何かに包まれていないと不安で仕方がないからタオルにくるまっているのだという。

「さびしい、かなしい、お母さんに会いたい」……著者は言葉を話さなくても孤児の言いたいことが分かるようだったという。

 冷たい診察台の上で健康診断を受けているときも、慣れないシャワーをされているときも、なされるがままの孤児の無垢の瞳の奥に不安が宿っている。

 そんな収容されたばかりのチビオランウータンを、ちょっと高いところから少し先輩のオランウータンが様子をうかがうように眺めている。

 やがてチビたちに試練が訪れる。

 外に連れ出されたチビたちは、来る日も来る日も木と木の間に張られたロープを伝って移動する練習をさせられる。それがどんな意味があるかも知らずに。

 普段は優しい人間の「母親」も、このときばかりは少し厳しくなる。

 やがて高いところも自由自在に過ごせるようになったオランウータンは、施設に併設された森の奥で、より野生に近い環境の中で過ごし、木の枝や葉っぱを使ってベッドを作ったり、より高い木を登ったり、雨をしのいだり、ここで大人になる練習を繰り返す。

 しかし、中には森の中でもまだタオルが手放せないオランウータンもいる。

 オランウータンは「森の住人」と呼ばれるが、成長して大人に近づいた若いオランウータンたちは、その呼称の通り、思慮深い瞳をしている。森に帰る日が近づいているのかもしれない。

 しかし、野生の世界に戻れるときが来ても、森の消失が激しく、彼らが生き延びる可能性は少ないのが現実だという。

(エイアンドエフ 1980円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  3. 3

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  4. 4

    「新宿野戦病院」小池栄子の“下手くそ英語”こそクドカンの真骨頂 異議唱えるアンチは視聴に向かず?

  5. 5

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  1. 6

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    仲野太賀&木竜麻生 2026年大河「豊臣兄弟!」前に電撃婚も…中野英雄もお墨付きの順調交際

  4. 9

    兵庫・維新系パワハラ県知事の「犠牲者」はもう1人いる! 別の職員の自殺「隠蔽」の疑い

  5. 10

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白