初実戦登板2回3K ソフトB田中正義が復調へようやく一歩

公開日:  更新日:

 2年目の田中正義(23)が20日、実戦初登板を果たした。二軍にあたるB組のJX―ENEOSとの練習試合で実戦初登板。工藤監督も駆けつけた。

 六回からのマウンド。1死から安打を許すと、四球で走者を進め、暴投で1点を失った。「悔しい部分が多い。打者に集中しきれていないところがあった」と反省。2回1失点ながら、最速149キロをマークして3奪三振。大器の片鱗を見せ、「いい球もあって納得できる部分もあった。真っすぐで空振りを奪えた。次に生かしたい」と収穫も口にした。

 5球団競合の末、ドラフト1位で入団。即戦力として期待された1年目の昨季は、キャンプ終盤に右肩痛を発症した。リハビリの日々が続き、一軍登板はゼロ。二軍戦でさえ1試合に投げただけで、もどかしい1年となった。 

「マジメで考え過ぎる性格。繊細な一面があって、一時は投げ方を忘れるほど思い詰めた時期もある。先月は合同自主トレで先輩の和田に弟子入りして鍛えられた。キャンプに入ってB組からA組昇格を狙った第2クールに予定されていた打撃投手を右手中指のマメで回避。この時も落ち込んでいました」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る