• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初実戦登板2回3K ソフトB田中正義が復調へようやく一歩

 2年目の田中正義(23)が20日、実戦初登板を果たした。二軍にあたるB組のJX―ENEOSとの練習試合で実戦初登板。工藤監督も駆けつけた。

 六回からのマウンド。1死から安打を許すと、四球で走者を進め、暴投で1点を失った。「悔しい部分が多い。打者に集中しきれていないところがあった」と反省。2回1失点ながら、最速149キロをマークして3奪三振。大器の片鱗を見せ、「いい球もあって納得できる部分もあった。真っすぐで空振りを奪えた。次に生かしたい」と収穫も口にした。

 5球団競合の末、ドラフト1位で入団。即戦力として期待された1年目の昨季は、キャンプ終盤に右肩痛を発症した。リハビリの日々が続き、一軍登板はゼロ。二軍戦でさえ1試合に投げただけで、もどかしい1年となった。 

「マジメで考え過ぎる性格。繊細な一面があって、一時は投げ方を忘れるほど思い詰めた時期もある。先月は合同自主トレで先輩の和田に弟子入りして鍛えられた。キャンプに入ってB組からA組昇格を狙った第2クールに予定されていた打撃投手を右手中指のマメで回避。この時も落ち込んでいました」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る