待遇は12球団一 ソフトバンク“助っ人でも一強”時代到来

公開日:

 あのビッグマウスはどこへ行くのか。

 助っ人の去就が続々と決まる中、「ビジネス」発言で物議を醸した中日のゲレーロの行き先は未定。中日の提示した「2年7億円」を突っぱね、「3年15億円」を要求するこの助っ人には、巨人や阪神が獲得に向けた調査を進めていたが、水面下ではソフトバンクも動いているともっぱらだ。

 なにしろ、この球団の待遇はケタ違い。一説にはゲレーロに年俸6億円を用意しているといわれ、契約年数でも他の追随を許さない。正力松太郎賞を獲得したサファテは来季3年契約の3年目。バンデンハークとデスパイネは3年契約の2年目。育成から昇格したモイネロも5年契約を結んでいる。

 最近は、リスクを恐れて、助っ人と単年契約する球団が多い中、育成に5年とは異例だ。カネも年数も大盤振る舞いするうえ、サポートにも手を抜かない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る