日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

話題の映画「バンコクナイツ」が描き出す楽園の今と真実

 暑く湿っぽい夜風を切って疾駆するトゥクトゥク、シンハーとメコンの酔い、ゴーゴーバーの娼婦たちの嬌声。飛び交うバーツ。やがてそのうちの一人の腰に手を回し、女の細い指がからみつく。チャイナタウンのジュライホテル。バンコクに楽園を求め、また楽園でもあった頃を知る中高年男なら、懐かしさと共に、胸の奥の奥をかきむしられる映画「バンコクナイツ」(富田克也監督)が話題だ。

 女たちのほとんどは地方から出稼ぎで、日本人の男は日本での居場所をなくしていた。安い定宿に部屋を取り、金を介して関係を結ぶ。女たちは金づるに、男たちは女に安息と心を求めて、ほとんどがかりそめの関係で終わり、破局していった。

 そんなバンコクの今にカメラを向け、オールロケで撮ったという3時間超のスクリーンには、当時と変わらない夜の深さと、都市開発で明るく奇麗になった街がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事