話題の映画「バンコクナイツ」が描き出す楽園の今と真実

公開日:

 暑く湿っぽい夜風を切って疾駆するトゥクトゥク、シンハーとメコンの酔い、ゴーゴーバーの娼婦たちの嬌声。飛び交うバーツ。やがてそのうちの一人の腰に手を回し、女の細い指がからみつく。チャイナタウンのジュライホテル。バンコクに楽園を求め、また楽園でもあった頃を知る中高年男なら、懐かしさと共に、胸の奥の奥をかきむしられる映画「バンコクナイツ」(富田克也監督)が話題だ。

 女たちのほとんどは地方から出稼ぎで、日本人の男は日本での居場所をなくしていた。安い定宿に部屋を取り、金を介して関係を結ぶ。女たちは金づるに、男たちは女に安息と心を求めて、ほとんどがかりそめの関係で終わり、破局していった。

 そんなバンコクの今にカメラを向け、オールロケで撮ったという3時間超のスクリーンには、当時と変わらない夜の深さと、都市開発で明るく奇麗になった街がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る