女優を抱擁も 小池氏の元ボディガードにピンク映画出演歴

公開日:

 小池知事の背後にぴったりと張りついた屈強な男性。昨年夏の都知事選のひとコマだが、小池知事のボディガードを務めたこの男性には「ピンク映画」への出演歴があった。31日発売の「アサヒ芸能」が報じている。

 記事によると、男性は空手の師範をしながら、俳優としても活動。Vシネマなど数々の作品に出演してきた。その中には、人気セクシー女優が主演を務めたアダルト作品も含まれていたという。

 男性本人の交流サイトには、小池知事とのツーショット写真を掲載。年齢は公表していないが、40代後半だろうか。俳優の西島秀俊似のマッチョなイケメンである。

 日刊ゲンダイ記者も男性の出演作のビデオを入手。セクシー女優の西野翔がストーカーに寝込みを襲われ、おっぱいをもみしだかれる窮地を救ったのが、彼女の上司で男性が演じる弁護士。ストーカーを撃退し、「大丈夫だから」とおっぱい丸出しの西野を優しく抱擁するという実にうらやましい役柄だった。

 濃厚な絡みシーンは恋人役の他の俳優に譲ったが、小池知事のボディガードにふさわしい“はまり役”と言えよう。男性が小池知事のために体を張ったのは、都知事選限定の無償ボランティア。現在は警視庁のSPが小池知事の警護にあたる。それにしても、彼女の元にはユニークな人材が集まってくるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る