映画賞総ナメも…宮沢りえの要求に振り回される現場の声

公開日: 更新日:

 各映画賞の発表がスタートしているが、主演女優賞を総ナメにしそうな勢いといわれているのが、主演映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の好演が評価されている宮沢りえ(43)だ。

「すでに発表された『報知映画賞』と『日刊スポーツ映画大賞』を受賞。『湯を――』では余命2カ月を宣告された母親を演じているが、私生活ではシングルマザーということもあってか情感たっぷりに役に入り込んでの熱演。各映画賞が認めるのも正当な評価でしょう」(ベテラン映画記者)

 女優としての実力は申し分ないりえだが、実は、舞台裏での振る舞いは少々不評のようだ。

「写真撮影、控室に用意している備品、映画賞の進行説明など、とにかく要求が細かく、アテンドする係は振り回されている。プロ意識の高さからすれば当然のことのようだが、りえほど細かいことを要求してくる女優はなかなかいない。実力派だが、このところ大手映画会社の配給作品のオファーがあまりないのはそのあたりも影響しているとも」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る