のん主演映画ヒットも…いまだ険しい完全復活への道のり

公開日: 更新日:

 2015年の事務所独立騒動以来、仕事を干される形でメディアへの露出が極端に減っている「のん」こと、能年玲奈(23)。一時期は完全に休業状態だったが、声優として出演した映画「この世界の片隅に」の大ヒットもあり、年末にかけて少しずつ活動を活発化させている。

 秋口から地方のイベントや雑誌のインタビューに出演するようになり、LINE LIVEに「のんちゃんねる」を開設して生の姿をファンに公開。10月19日にはNHK「おはよう日本」に出演して「この世界の片隅に」の告知を行った。さらに12月16日には写真集「のん、呉へ。2泊3日の旅~『この世界の片隅に』すずがいた場所~」を発売し、21日にはNHK「あさイチ」に生出演した。いよいよ本格的に活動再開かと期待するファンも増えている。

 しかし、「映画がこれだけヒットした立役者といってもいい『のん』をテレビ局が話題にもしないのは、大物タレントを多数抱える旧事務所とのつながりを大事にしているから。つまり、旧事務所との独立問題をクリアにしない限り、本格的な復活はまだ先ということです」(芸能ライター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る