のん主演映画ヒットも…いまだ険しい完全復活への道のり

公開日: 更新日:

 2015年の事務所独立騒動以来、仕事を干される形でメディアへの露出が極端に減っている「のん」こと、能年玲奈(23)。一時期は完全に休業状態だったが、声優として出演した映画「この世界の片隅に」の大ヒットもあり、年末にかけて少しずつ活動を活発化させている。

 秋口から地方のイベントや雑誌のインタビューに出演するようになり、LINE LIVEに「のんちゃんねる」を開設して生の姿をファンに公開。10月19日にはNHK「おはよう日本」に出演して「この世界の片隅に」の告知を行った。さらに12月16日には写真集「のん、呉へ。2泊3日の旅~『この世界の片隅に』すずがいた場所~」を発売し、21日にはNHK「あさイチ」に生出演した。いよいよ本格的に活動再開かと期待するファンも増えている。

 しかし、「映画がこれだけヒットした立役者といってもいい『のん』をテレビ局が話題にもしないのは、大物タレントを多数抱える旧事務所とのつながりを大事にしているから。つまり、旧事務所との独立問題をクリアにしない限り、本格的な復活はまだ先ということです」(芸能ライター)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  6. 6

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  7. 7

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  8. 8

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  9. 9

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  10. 10

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

もっと見る