テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

公開日: 更新日:

 元乃木坂46テレビ朝日斎藤ちはるアナ(24)が新型コロナに感染したことが明らかになった。

 21日、同局の「羽鳥慎一モーニングショー」で、羽鳥アナ(50)が「昨日発熱し、PCR検査の結果、陽性反応となりました。しばらくお休みとなります」と説明した。斎藤アナは現在は熱が下っているものの、一時は39度くらいまで上がり、かなり辛い状態だという。

 斎藤アナの感染により再び熱い注目を集めているのが、”赤坂のドン・ファン“ことTBSの小林廣輝アナウンサー(27)だ。斎藤アナ感染のニュースが拡散するや、すぐさまネットには<TBSの方で感染者でないことを祈ってた方がいいかもね。><斎藤アナ、小林廣輝の一件といい、このところ災難続きですね。>といったコメントが。

 小林アナは6月発売の写真誌「フライデー」に斎藤アナとのお泊りデートのほか、翌日にも別の女性を自宅に連れ帰ったと報じられた。その後も出るわ出るわ……。再びOLや元モデルなど4人の女性との交際を同誌に報じられ”6股疑惑“が浮上した。

あだ名定着でTBS局内でも元気なく…

 その後、小林アナと斎藤アナの関係がどうなったかについて、今のところ明らかにはなっていない。ただ、関係を精算しようにも、それぞれアナウンサーとしての立場がある。電話やLINEで「はい、さよならー」というわけにはいかなそうだ。

「あれから小林アナは『アッコにおまかせ!』や『Nスタ』といった担当番組の出演を見合わせています。局内では”赤坂のドン・ファン“というあだ名が定着してしまい、本人も元気がないとか。"6股疑惑"で交際を告発した女性の中には、小林アナに”口止め工作“をされた人もいたそうです。報道後、小林アナが斎藤アナに接触を試みたかどうかが芸能マスコミの関心事になるかもしれません」(マスコミ関係者)

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、8月第一週には東京都の1日の新規感染者が過去最多の3000人近くまで増加するとの見通しを示している。もはや誰が新型コロナになってもおかしくない状況なのだが、斎藤アナの感染には衝撃を覚えた人もいるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

もっと見る