“赤坂のドン・ファン”TBS小林廣輝アナ 激しすぎる女遊びとゲス乱倫のやり口

公開日: 更新日:

 テレビ朝日斎藤ちはるアナ(24)のお泊まり報道のお相手、TBS・小林廣輝アナ(27)の“乱倫”ぶりを発売中の「フライデー」が報じて話題だ。

 斎藤アナとのお泊まりが報じられたのは9日のこと。その翌日に小林宅にCAの女性が数時間滞在し“二股疑惑”が報じられると、同誌には小林アナへの怒りの情報提供がなんと12件も寄せられ、4人の女性の告発を掲載しているのだ。

■インスタのDMで一本釣り

 小林アナの“やり口”はインスタのDMを使った女性の一本釣りで、デートから自宅に招き肉体関係に持ち込むというもの。部屋には他の女性のアクセサリー、化粧品類だけでなく、大人のおもちゃまで……。それでも「妹のものだ」と強弁したというから大したタマである。

 TBSの局アナとは思えないゲスぶりには閉口するしかないが、フライデー掲載後には心当たりのある女性たちに「俺と知り合いだっていうのは黙っておいて」と一方的に電話したり、「フライデーがハッカーを雇ってスマホの中身を抜き取るかもしれないから」などとLINEの履歴削除を求めるなど証拠隠滅を指示。女性たちのさらなる反感を買ったのも当然だろう。

「アナウンサーとして画面に出ることは難しい」

 お泊まり報道後の13日、自身が進行役をつとめる「アッコにおまかせ」では、MCの和田アキ子(71)は「わたくしは何も言えないことになっておりますので」とノーコメントを貫いたが、芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「和田アキ子さんは不誠実な話を毛嫌いする方なので、今回の一件は“即刻退場”でしょう。すべて自分本位で、女性視聴者に不快感を与えた事実は大きく、当分アナウンサーとして画面に出ることは難しい」

 やりもやったりだが、ついたあだ名は「赤坂のドン・ファン」。学生時代はジュノンボーイやミスターコンテストに出場するなど、これまでの人生、そのイケメンぶりでさぞいい思いをしたはずの小林アナ。女性をぞんざいに扱ったツケは自分で払うしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る