芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

公開日: 更新日:

 元「モーニング娘。」の安倍なつみ(39)が、今年8月公開の映画「パウ・パトロール ザ・ムービー」で吹き替えに初挑戦し、3年ぶりに芸能活動を再開させることが明らかになった。安倍は「緊張しましたが、ワクワクした気持ちの方が勝っていて、アフレコも楽しんで演じました」と語っている。

 この安倍の“電撃復帰”に敏感に反応したのが複数のネットメディア。夫の山崎育三郎(35)の仕事が絶好調な上、2人の子供が未就学児なのに活動再開するのは、「離婚を意識した動きなのでは?」と推測したのだ。離婚危機を伝えた媒体のひとつである「まいじつ」(6月21日付)は、〈普通に夫の育三郎さんも稼いでいると思うけど、安倍さんはなんで今更出てきたんだろう〉〈離婚するために収入を確保したいのかな?〉といったネットの声を紹介した。

 最近も結婚・出産から2年強で離婚した前田敦子(29)の例がある。確かに子供が幼いのに復帰を急ぐ芸能人は“怪しい”ともいわれる。実際、山崎夫妻の周辺を取材してみると、こんな声が漏れてきた。

育三郎が借りている稽古部屋

「なっちは『モー娘。』のメンバーたちとは育児の合間に定期的に情報交換をしているのですが、その中で夫である山崎への愚痴や不満がバンバン飛び出していると聞いています。その多くは『彼が仕事で家を空けることが多い』とか『育児に積極的ではない』というものですが、『夫が借りている稽古部屋の存在が気になる』といった聞き捨てならないものもありました」(女性誌記者)

 自宅近くに稽古場を借りる人気俳優は少なくない。これが“不倫現場”に悪用されることがあるのも事実だ。だからといって稽古場を持つ俳優が誰でも不倫に走るわけではないし、トップクラスの俳優になれば短時間にセリフをしっかり頭に入れるために、集中できる場所も必要だろう。

 ただ、稽古場の存在だけでいきなり“離婚”に結びつけるのはあまりに乱暴だ。そもそも、本当に山崎が稽古場を持っているのかも分からない。「夫婦共演のCMオファーが断られた」という噂も広告業界で独り歩きしているが、山崎は既に森永乳業やP&Gなど大手クライアントと契約している。今、このタイミングで離婚に踏み切るのはリスクが大き過ぎる。山崎をよく知る演劇関係者にも話を聞いてみた。

「山崎はミュージカル俳優だけにとどまらず、ドラマ俳優のカテゴリーでも今やトップクラスの評価を得ています。4月期はフジテレビ系『イチケイのカラス』に出演し、現在はNHK大河ドラマ『青天を衝け』で伊藤博文を演じ圧倒的な存在感を放っています。6月15日から始まったコンサートツアーは全会場でチケットが完売状態です。もし、本当に安倍さんと夫婦仲がイマイチだったとしても、それこそ忙し過ぎて今は離婚どころじゃないと思います」

 もっとも、山崎の出演CMが突然終了したり、何か別の大きな動きが生じたら“異変”のサインと思った方が良さそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    競泳200m自由形・松元克央まさかの予選落ち…不発に終わった“公私のスピード”

もっと見る