南野陽子は夫逮捕で振り回され…“ダメ夫”に見切りをつけた高岡早紀との分かれ道

公開日: 更新日:

 女優・南野陽子(56)は22日、夫で団体職員の金田充史容疑者(52)が業務上横領の疑いで静岡県警に逮捕されたことを受け、所属事務所を通じコメントを発表。南野は、夫の逮捕を受け「ショックです。何故…悲しさ、怒り、情けなさ…いろんな感情が湧いています」と本音を吐露しつつも、「どのような事が行われていたのか全くわかりませんが、夫にはきちんと向き合ってほしいと思っています」と厳しくも愛情を感じさせる言葉を寄せた。

 南野と金田容疑者は2011年3月に結婚を発表。15年に金田容疑者と不倫関係にあった銀座のクラブのママが妊娠し、出産費用を求めて裁判を起こす女性トラブルが発覚。さらに18年には、金田容疑者が当時事務局長を務めていた医療法人の口座から無断で約2億円を引き出し、約9000万円の使途不明金を出したとして業務上横領で告訴状が提出されたと伝えられ、同年に部下を竹刀で殴打して全治2週間のケガを負わせたとして傷害容疑で書類送検されるなど、これまでに数々のトラブルが報じられてきた。

 そんな夫を支え続ける南野だが、昨年末に20年以上にわたり所属した大手事務所「ケイダッシュ」から独立。放送中の特撮ヒーロー番組「仮面ライダーガッチャード」(テレビ朝日系)で"ライダーの母"を演じ、好評だっただけに落胆する声も上がっている。

《女優ってかなりの確率でトンデモ旦那に捕まってるよね。単純に筋の悪い人が寄ってくる、というのもあるだろうし、忙しかったりで、男選びの経験値を積めないまま結婚にしたりすることも一因かもしれない》

《旦那が逮捕というのは一般家庭で滅多にあるものではないのに、芸能人家庭でのこの手の事件が多いのは、女性芸能人が一般の人に比べて庇護されている反面で社会常識を欠く点があるために悪い男に捕まるからなのでは…と邪推してしまう》

 と、南野が夫を支え続ける理由を考察する声もネットでは散見された。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  4. 4
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  5. 5
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  1. 6
    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

  2. 7
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 10
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ