中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

公開日: 更新日:

 中日立浪和義監督(54)は 今季限りでの退任が確実視されている。

 後任の最有力候補として名前が挙がるのは侍ジャパン井端弘和監督で、選手の選定も「侍ジャパンの監督としてではなく、中日の次期監督有力候補としての視察のようだ。そんなうがった見方もある」とは中日OB。

 地元放送局関係者からも「後任の最有力となるのが侍ジャパンの井端監督なわけですが、井端監督もやる気満々だといいます。当初から中日監督を視野に入れていたともっぱらで、なんとか古巣を再建したいという思いが強いようです」という声が聞かれるがーー。【前編】からつづく。

  ◇  ◇  ◇

 ポスト立浪にはもうひとり、強力な候補がいる

 井上一樹二軍監督(52)だ。09年限りでドラゴンズ一筋20年の現役生活に幕を下ろし、翌10年から13年まで一軍打撃コーチ、二軍監督などを歴任。21年から2年間、矢野監督の下で阪神ヘッドコーチを務めた。立浪監督とは現役時代から兄弟分の仲として知られ、後輩の中では唯一、真正面から忠言できる熱血漢でもある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」