• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2000人集団訴訟 ベネッセが招いた「1兆6000億円」賠償

 ベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件で、約1780人の被害者が29日、慰謝料の支払いを求める訴訟を起こす。慰謝料は1人当たり5万5000円で、計約9800万円にも上る。

 被害者の会の弁護団によると、「全国から被害を訴える声が多く寄せられている」といい、2月中にも300人以上の追加提訴を予定している。現在も被害者を募っていて、期限は1月末だという。ちなみに、既に500円の“お詫び”を受け取っていても、集団訴訟の原告に名を連ねることができる。

 ベネッセは、被害者にたった500円の図書カードや電子マネーを渡すことで一件落着にするつもりだったようだが、こうなると被害総額はどこまで膨らむか分からない。なにしろ、個人情報の流出件数は推計2895万件だから、単純計算すれば、実に1兆6000億円にもなる。補償金のために用意した200億円では、賄いきれるわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る