• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

尖閣侵入で空気一変 日中首脳会談前に思惑外れた安倍首相

 協調路線どころか、キナ臭さを増している。

 21日、中国海警局の公船4隻が、およそ1時間にわたって尖閣沖の日本の領海に侵入。外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が中国大使館の公使に電話で抗議した。

 先週は米太平洋軍がグアムの空軍基地にB52、B1、B2の戦略爆撃機3機種を初めて同時展開し、南シナ海の作戦活動に参加させたと発表した。今回の中国船の尖閣侵入は、その意趣返しのようだ。

「戦略爆撃機は核爆弾や巡航ミサイルなど大量の武器を搭載でき、航続距離も長い。そんな兵器を米軍が展開したことに対し、中国は“ナメられるわけにはいかない”と考え、牽制に動いたのだと思います」(軍事関係者)

 8月上旬まで中国漁船や公船の領海侵犯が多発したが、最近は沈静化に向かっていた。今月11日に尖閣沖の公海上で、ギリシャ船籍の貨物船と中国漁船が衝突。投げ出された中国人の乗組員を海上保安庁が救助し、すぐに中国側に引き渡す「外交的配慮」を示したこともあり、融和ムードに傾きつつあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る