中国人も“爆買い” 日本のエログッズが外国人にバカ売れ

公開日: 更新日:

 中国人の爆買いは電気炊飯器や温水シャワー付き便座などの家電から、化粧品や薬といったふだん使うものにシフトしている。より体に密着させる極薄のコンドームも人気だ。“性活意識”はさらに進んでいる。

「コンドームとセットでローションやオナホールを買っていく中国人がよく来ます。日本人AV女優は中国で大人気で、違法にコピーされた動画が中国で大量に出回っています。オカズはそろったから、もっと強い刺激が欲しいということみたいですよ」(新宿のアダルトショップ店員)

 もともと中国人はエロに対してノーマル。しかし、日本や海外のエロ動画を見慣れてエロを爆発させた中国人は、1人用のオモチャでは満足できなくなっているらしい。

「ヤケドしないロウソクや毛羽立っていない縄などSMグッズも、チャイニーズに人気だね。拘束グッズやバイブも結構売れますよ。あんなのキャリーケースにしのばせて税関を通れるんですかねー。売る側のこっちが心配するほどドギツイものを爆買いする人もいますから」(SMグッズ店長)

 日本の緊縛は、欧米ではアートロープとして人気で、緊縛を手ほどきする教室には、欧米の観光客が押し寄せているという。

「ある麻縄業者は10年前は廃業寸前だったのに、今じゃウハウハですよ」(同店長)というから何が売れるか分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る