• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国人も“爆買い” 日本のエログッズが外国人にバカ売れ

 中国人の爆買いは電気炊飯器や温水シャワー付き便座などの家電から、化粧品や薬といったふだん使うものにシフトしている。より体に密着させる極薄のコンドームも人気だ。“性活意識”はさらに進んでいる。

「コンドームとセットでローションやオナホールを買っていく中国人がよく来ます。日本人AV女優は中国で大人気で、違法にコピーされた動画が中国で大量に出回っています。オカズはそろったから、もっと強い刺激が欲しいということみたいですよ」(新宿のアダルトショップ店員)

 もともと中国人はエロに対してノーマル。しかし、日本や海外のエロ動画を見慣れてエロを爆発させた中国人は、1人用のオモチャでは満足できなくなっているらしい。

「ヤケドしないロウソクや毛羽立っていない縄などSMグッズも、チャイニーズに人気だね。拘束グッズやバイブも結構売れますよ。あんなのキャリーケースにしのばせて税関を通れるんですかねー。売る側のこっちが心配するほどドギツイものを爆買いする人もいますから」(SMグッズ店長)

 日本の緊縛は、欧米ではアートロープとして人気で、緊縛を手ほどきする教室には、欧米の観光客が押し寄せているという。

「ある麻縄業者は10年前は廃業寸前だったのに、今じゃウハウハですよ」(同店長)というから何が売れるか分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

もっと見る