中国人も“爆買い” 日本のエログッズが外国人にバカ売れ

公開日:  更新日:

 中国人の爆買いは電気炊飯器や温水シャワー付き便座などの家電から、化粧品や薬といったふだん使うものにシフトしている。より体に密着させる極薄のコンドームも人気だ。“性活意識”はさらに進んでいる。

「コンドームとセットでローションやオナホールを買っていく中国人がよく来ます。日本人AV女優は中国で大人気で、違法にコピーされた動画が中国で大量に出回っています。オカズはそろったから、もっと強い刺激が欲しいということみたいですよ」(新宿のアダルトショップ店員)

 もともと中国人はエロに対してノーマル。しかし、日本や海外のエロ動画を見慣れてエロを爆発させた中国人は、1人用のオモチャでは満足できなくなっているらしい。

「ヤケドしないロウソクや毛羽立っていない縄などSMグッズも、チャイニーズに人気だね。拘束グッズやバイブも結構売れますよ。あんなのキャリーケースにしのばせて税関を通れるんですかねー。売る側のこっちが心配するほどドギツイものを爆買いする人もいますから」(SMグッズ店長)

 日本の緊縛は、欧米ではアートロープとして人気で、緊縛を手ほどきする教室には、欧米の観光客が押し寄せているという。

「ある麻縄業者は10年前は廃業寸前だったのに、今じゃウハウハですよ」(同店長)というから何が売れるか分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る