塩水港製糖・久野修慈会長<5>大洋漁業社長に辞任を迫った

公開日:

 1960年代半ばの大洋漁業ではさまざまな問題が噴出していた。赤字を垂れ流し続ける子会社やお荷物球団・大洋ホエールズ。さらには創業一族の内紛。創業者・中部幾次郎の次男・謙吉社長一派と三男・利三郎副社長一派の対立が激化していた。そんな中、同社の粉飾決算が明るみになる。66年のことだった。

「メインバンクの日本興業銀行の介入を招いただけでなく、社内にも不穏な空気が漂うようになった。それまで御用組合と思われていた労働組合がいきなり先鋭化したんです」と久野氏は振り返る。

 労組が打ち出した戦術は洋上ストライキ。大洋漁業は当時、ベーリング海で母船式のサケマス漁を行っていた。約100隻の漁船が取ってきた魚を母船で缶詰にする。それを次々に運搬船で運び出すのだが、その船の乗組員らがストライキに踏み切ったのである。その結果、母船が満杯状態になり、次の作業に取りかかれなくなってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る