• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

塩水港製糖・久野修慈会長<5>大洋漁業社長に辞任を迫った

 1960年代半ばの大洋漁業ではさまざまな問題が噴出していた。赤字を垂れ流し続ける子会社やお荷物球団・大洋ホエールズ。さらには創業一族の内紛。創業者・中部幾次郎の次男・謙吉社長一派と三男・利三郎副社長一派の対立が激化していた。そんな中、同社の粉飾決算が明るみになる。66年のことだった。

「メインバンクの日本興業銀行の介入を招いただけでなく、社内にも不穏な空気が漂うようになった。それまで御用組合と思われていた労働組合がいきなり先鋭化したんです」と久野氏は振り返る。

 労組が打ち出した戦術は洋上ストライキ。大洋漁業は当時、ベーリング海で母船式のサケマス漁を行っていた。約100隻の漁船が取ってきた魚を母船で缶詰にする。それを次々に運搬船で運び出すのだが、その船の乗組員らがストライキに踏み切ったのである。その結果、母船が満杯状態になり、次の作業に取りかかれなくなってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る