塩水港製糖・久野修慈会長<5>大洋漁業社長に辞任を迫った

公開日: 更新日:

 1960年代半ばの大洋漁業ではさまざまな問題が噴出していた。赤字を垂れ流し続ける子会社やお荷物球団・大洋ホエールズ。さらには創業一族の内紛。創業者・中部幾次郎の次男・謙吉社長一派と三男・利三郎副社長一派の対立が激化していた。そんな中、同社の粉飾決算が明るみになる。66年のことだった。

「メインバンクの日本興業銀行の介入を招いただけでなく、社内にも不穏な空気が漂うようになった。それまで御用組合と思われていた労働組合がいきなり先鋭化したんです」と久野氏は振り返る。

 労組が打ち出した戦術は洋上ストライキ。大洋漁業は当時、ベーリング海で母船式のサケマス漁を行っていた。約100隻の漁船が取ってきた魚を母船で缶詰にする。それを次々に運搬船で運び出すのだが、その船の乗組員らがストライキに踏み切ったのである。その結果、母船が満杯状態になり、次の作業に取りかかれなくなってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る