球団史上最高額で契約 虎ロザリオ活躍は指揮官の度量次第

公開日:

 阪神は13日、新助っ人のウィリン・ロザリオ(28=韓国・ハンファ)の獲得を発表した。海外メディアによると契約は2年総額750万ドル(約8億5000万円)で、過去最高だったグリーンウェル(約3億3000万円)を超える球団史上最高額。来季は「4番・一塁」として期待を寄せられている。

 メジャー通算71本塁打の実績に加え、ハンファでは通算2年間で打率・330、70本塁打、231打点の好成績を上げた。

 ただし、日本球界では、1年目からバカ高い金で雇った助っ人は失敗例が多い。開幕早々に足を骨折、「神のお告げ」と言ってそのまま帰国したグリーンウェルはその象徴だ。ロザリオは大丈夫なのか。

 韓国野球に詳しいジャーナリストの室井昌也氏はこう言う。

「韓国での活躍の裏には指導者の存在があった。入団当初はボールゾーンに逃げる変化球に苦慮していた。当時の正田耕三打撃コーチと二人三脚でボール球を追いかけて右肩が開く癖を修正、逆方向へのバッティングを意識したことが奏功した。今季も中島輝士コーチと信頼関係をつくっていた。日本の投手の鋭く落ちるフォークなど、変化球に対処できるか。ロザリオは広角に打つ技術を身につけ、早出練習も真面目にこなす。大きな戦力になる可能性はありますが、金本監督や打撃コーチがロザリオをしっかりフォローすることが活躍のカギになるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る