今度は江越が両打ち挑戦 虎金本監督の“次の標的”は誰だ

公開日:

「簡単じゃないですね」

 汗ビッショリでこう言ったのは、阪神秋季キャンプに参加中の大卒3年目・江越(24)。17日、自身初となる左打ちに挑戦。慣れない左打席に四苦八苦だった。右打ちの大和を今季から両打ちに転向させた金本監督の発案で、同監督は「左の方がいいスイングをしている」と目を細めた。

 この江越、金本監督の就任当初は「期待の若手」として名前が挙がっていたが、今季はわずか28試合出場。「三くだり半」を突きつけられかねない状況だ。

 金本監督は大和に両打ちを挑戦させた際、「中谷や原口の三塁(構想)と同じような考え方で、可能性を見いだして」と言っていた。守備走塁は一級品も打撃力不足でレギュラーに定着できない現状を打破させるのが目的だった。

 金本監督は育成においてなるべく「限界」を設定したくない。今オフは三塁が本職で成長株の大山が二塁、遊撃に取り組んでいる。

「江越に限らず、伸び悩んでいる北條や高山ら若手もそのうち、両打ちにさせられるんじゃないか」(放送関係者)

 という話も、冗談に聞こえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る