今度は江越が両打ち挑戦 虎金本監督の“次の標的”は誰だ

公開日: 更新日:

「簡単じゃないですね」

 汗ビッショリでこう言ったのは、阪神秋季キャンプに参加中の大卒3年目・江越(24)。17日、自身初となる左打ちに挑戦。慣れない左打席に四苦八苦だった。右打ちの大和を今季から両打ちに転向させた金本監督の発案で、同監督は「左の方がいいスイングをしている」と目を細めた。

 この江越、金本監督の就任当初は「期待の若手」として名前が挙がっていたが、今季はわずか28試合出場。「三くだり半」を突きつけられかねない状況だ。

 金本監督は大和に両打ちを挑戦させた際、「中谷や原口の三塁(構想)と同じような考え方で、可能性を見いだして」と言っていた。守備走塁は一級品も打撃力不足でレギュラーに定着できない現状を打破させるのが目的だった。

 金本監督は育成においてなるべく「限界」を設定したくない。今オフは三塁が本職で成長株の大山が二塁、遊撃に取り組んでいる。

「江越に限らず、伸び悩んでいる北條や高山ら若手もそのうち、両打ちにさせられるんじゃないか」(放送関係者)

 という話も、冗談に聞こえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか