日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あるか電撃トレード 阪神・藤浪の“再生”を他球団が志願

 阪神では正念場を迎えつつある。藤浪晋太郎(23)のことだ。

 新人年から3年連続で2ケタ勝利を挙げたものの、昨年は7勝、今季は死球癖やすっぽ抜けによる制球難からわずか3勝にとどまった右腕は、契約更改では4000万円の大幅減となる1億2000万円でサイン。香田投手コーチは来春キャンプで、主力特権を“剥奪”し、先発ローテ入りをかけて他投手と競争させるという。

 金本監督は今季、不振に陥った藤浪に対し、プロ初となる二軍降格を命じた。来季はキャンプ、オープン戦で結果を残すことができなければ、開幕二軍すらあり得るだろう。

「ただ、開幕までに復活の兆しが見えないということになれば、もはや阪神では藤浪を立ち直らせる手立てがないに等しい。そうなれば他球団は静観してはいないでしょう」とは、阪神OBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事