• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

あるか電撃トレード 阪神・藤浪の“再生”を他球団が志願

 阪神では正念場を迎えつつある。藤浪晋太郎(23)のことだ。

 新人年から3年連続で2ケタ勝利を挙げたものの、昨年は7勝、今季は死球癖やすっぽ抜けによる制球難からわずか3勝にとどまった右腕は、契約更改では4000万円の大幅減となる1億2000万円でサイン。香田投手コーチは来春キャンプで、主力特権を“剥奪”し、先発ローテ入りをかけて他投手と競争させるという。

 金本監督は今季、不振に陥った藤浪に対し、プロ初となる二軍降格を命じた。来季はキャンプ、オープン戦で結果を残すことができなければ、開幕二軍すらあり得るだろう。

「ただ、開幕までに復活の兆しが見えないということになれば、もはや阪神では藤浪を立ち直らせる手立てがないに等しい。そうなれば他球団は静観してはいないでしょう」とは、阪神OBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る