福留は2.2億円更改 虎ベテラン“厚遇”は世代交代の足かせ

公開日: 更新日:

 11日、阪神の福留孝介(40)が契約更改交渉を行い、1000万円減の2億2000万円でサインした。

 今季は127試合に出場して、打率.263、18本塁打、79打点。ロジャースら助っ人は期待外れに終わり、主将としても選手と首脳陣のパイプ役を担った。数字だけで測れない部分はあるにせよ、もっと下げられてもおかしくないだろう。

「少額ダウンにとどまったのは、福留がレギュラーとして不可欠という判断なのでしょう。阪神のフロントはこの福留と鳥谷、糸井といったベテランがいないと戦えないとみている。今季は中谷将大(24)が20本塁打を放ち、ドラフト1位入団した大山悠輔(22)も一時は4番を打つなど今後への期待を抱かせた。いつまでもベテラン頼みが続けば金本監督が掲げるチームの若返り、世代交代は一向に前に進まないのですが……」とは、阪神OBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  6. 6

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  7. 7

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る