• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現場方針と合わず…DeNA入りの阪神・大和は事実上の放出

「流出すべくして流出した」

 さる阪神OBがこう言うのは、30日にDeNAへFA移籍が決まった大和(30)のことだ。

 阪神屈指の守備力を誇る大和は、出場機会を求めてFA権を行使。DeNAは3年3億円プラス、4年目は球団によるオプションという最大4年の長期契約を提示し、阪神、オリックスとの争奪戦を制した。高田GMは「勝つために必要だった。守備の名手であり、スイッチで打てるのも大きな魅力」と話した。

 一方の阪神は、金本監督が「残って欲しいし、残ってくれると思っている」と話していた。手痛い流出かと思いきや、前出のOBによれば、「FA権を行使した時点で移籍もやむなしだった」と言う。たしかに阪神の谷本常務はこの日の会見で、「本人が熟考して出した結論。新天地で頑張って欲しい。若い選手がチャンスだと思って、戦ってくれれば」と、前向きな発言をしている。前出のOBが続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事