新CMが依然炎上中…スバル車の売れ行きは大丈夫なのか

公開日:  更新日:

 11月2日に大幅改良モデルの「フォレスター」を発売したスバル(富士重工業)。新CM「サーフィン篇」がネットを中心に炎上し、いまだにくすぶっているようだ。

 CMはどんな内容かというと……早朝、お父さんがサーフボードを車に積み込み、夫人と子供を乗せて海へと向かう。夫がサーフィンと格闘している間、夫人と子供はジッと見ているだけ。帰りは夫人が車を運転し、ダンナと子供は後部座席で仲良く居眠りだ。

 そんな光景が映し出されるなか、スピッツの軽快な曲が流れ、奥さんのナレーションが聞こえる。

<夫が突然、サーフィンを始めた。しかも真冬に。自分の可能性を広げるとか、カッコつけ過ぎ>

 さて、どこが炎上ポイントなのか? ピンとこないと女性蔑視と攻撃されかねない。<夫の趣味につき合わされ、帰りは運転させられるなんて男尊女卑><親子でサーフィンを楽しむなら分かるけど><夫は傲慢すぎる><離婚もの>というような批判が噴出しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る