炎上、BPO、政界進出…ロンブー田村淳がすべてに答えた

公開日: 更新日:

 かつての自己評価を「35点」と語る「ロンドンブーツ1号2号」田村淳(41)が著書「35点男の立ち回り術」を発売した。多くの番組でMCを務める一方、ツイッターでの発言やネット番組での行動が炎上して騒動になることもしばしば。政界進出のウワサも根強い淳を直撃した。

「35点から始まって今は75点ですね、そりゃ努力しましたもん。40点上げる間、失敗ばかりでしたけど、その間、攻められるギリギリのラインを知った。だから“内側”に落ちず“縁”を余裕で歩けるんです。『これは怒られる可能性あるけど“GO!”だな』とか。ツイッターでもモラルを逸脱しないようには気を付けるけど、本当は逸脱したいし、世間さまに怒られ、怒らせたい。相手に労力を使わせたい(笑い)。

 僕は自分の中に刺激があればよくて、罵詈雑言を浴びせてくる人には、ダイレクトメールに電話番号を載せるんです。この間は『おまえごときが政治のこと語るんじゃねえ』と言ってきた53歳のオジサンと電話で話して、最後には仲良しになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  7. 7

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  8. 8

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  9. 9

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る