マーリンズがブルペン補強 “素行不良”のクローザー獲得へ

公開日:  更新日:

 イチローを獲得したマーリンズが今度はブルペン補強に動くという。

 8日(日本時間9日)、MLB公式サイトなど複数の米メディアは通算348セーブの右腕F・ロドリゲス(33=ブルワーズからFA)を獲得すると報じている。

 マーリンズはFA市場の目玉投手の一人で通算114勝(90敗)のジェームズ・シールズ(33)に関心を寄せていたが、方向転換。昨年5月に右肘のトミー・ジョン手術を受けたエースのホセ・フェルナンデス(22)が6月にも復帰するメドが立ち、リリーフ陣の底上げを図るとみられる。

 気迫あふれる投球で奪三振の山を築くことから「K・ロッド」の異名を持つロドリゲス。エンゼルス時代には3度(05、06、08年)、最多セーブのタイトルを獲得。一時はメジャーを代表するクローザーの一人に数えられたが、08年にメッツ移籍後は素行の悪さで話題を振りまいた。10年には試合中に起用法を巡って首脳陣と口論。観戦に訪れていた婚約者の父親を球場内で暴行して逮捕されるなど、メジャーを代表する問題児だった。一時は出場資格を失う制限リストに入り、11年以降は成績も低迷した。

 昨季はブルワーズでリーグ3位の44セーブをマークして復活をアピールしたが、K・ロッドはマーリンズのポストシーズン進出に貢献できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る