マーリンズがブルペン補強 “素行不良”のクローザー獲得へ

公開日: 更新日:

 イチローを獲得したマーリンズが今度はブルペン補強に動くという。

 8日(日本時間9日)、MLB公式サイトなど複数の米メディアは通算348セーブの右腕F・ロドリゲス(33=ブルワーズからFA)を獲得すると報じている。

 マーリンズはFA市場の目玉投手の一人で通算114勝(90敗)のジェームズ・シールズ(33)に関心を寄せていたが、方向転換。昨年5月に右肘のトミー・ジョン手術を受けたエースのホセ・フェルナンデス(22)が6月にも復帰するメドが立ち、リリーフ陣の底上げを図るとみられる。

 気迫あふれる投球で奪三振の山を築くことから「K・ロッド」の異名を持つロドリゲス。エンゼルス時代には3度(05、06、08年)、最多セーブのタイトルを獲得。一時はメジャーを代表するクローザーの一人に数えられたが、08年にメッツ移籍後は素行の悪さで話題を振りまいた。10年には試合中に起用法を巡って首脳陣と口論。観戦に訪れていた婚約者の父親を球場内で暴行して逮捕されるなど、メジャーを代表する問題児だった。一時は出場資格を失う制限リストに入り、11年以降は成績も低迷した。

 昨季はブルワーズでリーグ3位の44セーブをマークして復活をアピールしたが、K・ロッドはマーリンズのポストシーズン進出に貢献できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  6. 6

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る