弱小で地元でも不人気…イチロー入り「マーリンズ」の“正体”

公開日: 更新日:

 そのギャップというか、落差に仰天するのではないか。

 全米ナンバーワンの人気球団であるヤンキースからFAになって、新天地をフロリダのマイアミ・マーリンズに求めたイチロー(41)。この日までに複数の米メディアが年俸2億4000万円の1年契約で合意したと伝えた。

 マーリンズの昨季の観客動員数173万2283人はナ・リーグワースト。昨季の年俸総額4183万6900ドル(約50億2000万円)はメジャーワースト。チームづくりにカネをかけず、地元ファンから総スカンを食らっている。スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「2012年から本拠地をそれまでのアメフト兼用球場から新球場のマーリンズ・パークに移転。税金で球場を建ててもらった手前、オフに前年の首位打者であるレイエスや11年連続2ケタ勝利のバーリー(ともに現ブルージェイズ)を獲得したのですが、この年、地区最下位で終わると、主力の多くをたったの1年で放出してしまったのです。ロリア・オーナーは税金を納める地元ファンから裏切り行為だと罵声を浴び、トレードを撤回しろという署名活動まで起きた。それがいまも尾を引いているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る