弱小で地元でも不人気…イチロー入り「マーリンズ」の“正体”

公開日:  更新日:

 そのギャップというか、落差に仰天するのではないか。

 全米ナンバーワンの人気球団であるヤンキースからFAになって、新天地をフロリダのマイアミ・マーリンズに求めたイチロー(41)。この日までに複数の米メディアが年俸2億4000万円の1年契約で合意したと伝えた。

 マーリンズの昨季の観客動員数173万2283人はナ・リーグワースト。昨季の年俸総額4183万6900ドル(約50億2000万円)はメジャーワースト。チームづくりにカネをかけず、地元ファンから総スカンを食らっている。スポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「2012年から本拠地をそれまでのアメフト兼用球場から新球場のマーリンズ・パークに移転。税金で球場を建ててもらった手前、オフに前年の首位打者であるレイエスや11年連続2ケタ勝利のバーリー(ともに現ブルージェイズ)を獲得したのですが、この年、地区最下位で終わると、主力の多くをたったの1年で放出してしまったのです。ロリア・オーナーは税金を納める地元ファンから裏切り行為だと罵声を浴び、トレードを撤回しろという署名活動まで起きた。それがいまも尾を引いているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る