イチローは生かさず殺さず起用 不人気マーリンズの“商魂”

公開日: 更新日:

「我々にとって東京に来ることは重要な意味を持っている。米国の野球界のすべての人が、日本における野球の大切さを理解しているからです」

 マイアミ・マーリンズのデビッド・サムソン球団社長が来日の理由をこう話した。

 29日、マーリンズは都内ホテルで1年総額200万ドル(約2億4000万円)で契約したイチローの入団を発表。会見にはマーリンズからサムソン球団社長のほか、ダン・ジェニングスGM、マイケル・ヒル編成本部長の3人が同席した。

 日本人大リーガーの入団会見をわざわざ日本で行うのも異例なら、球団幹部がそろって日本に駆け付けるのはもっと異例。マーリンズの幹部たちは地元フロリダ州マイアミから米国内を飛行機で乗り継ぎ、計18時間もかけて来日した。

 イチローが「ただただ、恐縮しております。このような機会を日本でできるのは通常、ありえない。ただただ、恐縮するばかりです」と話したのももっともだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

もっと見る