日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イチローは生かさず殺さず起用 不人気マーリンズの“商魂”

「我々にとって東京に来ることは重要な意味を持っている。米国の野球界のすべての人が、日本における野球の大切さを理解しているからです」

 マイアミ・マーリンズのデビッド・サムソン球団社長が来日の理由をこう話した。

 29日、マーリンズは都内ホテルで1年総額200万ドル(約2億4000万円)で契約したイチローの入団を発表。会見にはマーリンズからサムソン球団社長のほか、ダン・ジェニングスGM、マイケル・ヒル編成本部長の3人が同席した。

 日本人大リーガーの入団会見をわざわざ日本で行うのも異例なら、球団幹部がそろって日本に駆け付けるのはもっと異例。マーリンズの幹部たちは地元フロリダ州マイアミから米国内を飛行機で乗り継ぎ、計18時間もかけて来日した。

 イチローが「ただただ、恐縮しております。このような機会を日本でできるのは通常、ありえない。ただただ、恐縮するばかりです」と話したのももっともだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事