イチローは生かさず殺さず起用 不人気マーリンズの“商魂”

公開日:  更新日:

「我々にとって東京に来ることは重要な意味を持っている。米国の野球界のすべての人が、日本における野球の大切さを理解しているからです」

 マイアミ・マーリンズのデビッド・サムソン球団社長が来日の理由をこう話した。

 29日、マーリンズは都内ホテルで1年総額200万ドル(約2億4000万円)で契約したイチローの入団を発表。会見にはマーリンズからサムソン球団社長のほか、ダン・ジェニングスGM、マイケル・ヒル編成本部長の3人が同席した。

 日本人大リーガーの入団会見をわざわざ日本で行うのも異例なら、球団幹部がそろって日本に駆け付けるのはもっと異例。マーリンズの幹部たちは地元フロリダ州マイアミから米国内を飛行機で乗り継ぎ、計18時間もかけて来日した。

 イチローが「ただただ、恐縮しております。このような機会を日本でできるのは通常、ありえない。ただただ、恐縮するばかりです」と話したのももっともだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る