• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マーリンズがイチローの「3000安打」脅かす“万能選手”獲得へ

 マーリンズ・イチロー(41)には手ごわいライバルとなりそうだ。

 03年以来12年ぶりの世界一を目指すマーリンズが内外野とも守れるユーティリティーのアレン・クレイグ(30=レッドソックス)のトレードでの獲得に動いているという。レッドソックスの地元紙「ボストン・グローブ」(電子版)など、複数の米メディアが伝えている。

 右翼が本職のクレイグは昨季途中まで在籍したカージナルスで計5ポジションをこなしたが、単なる守備の万能選手ではない。134試合に出場した13年には得点圏打率4割5分4厘(130打数59安打)をマークした勝負強い打者。4割5分4厘の得点圏打率は80年のロイヤルズ・ブレット(4割6分9厘)、97年のパドレス・グウィン(4割5分9厘)に次ぐ史上3位の記録だ。

 昨季途中、レッドソックスに移籍。左足首のねん挫で、わずか29試合の出場(打率1割2分8厘)に終わったが、マーリンズは復活すれば戦力になると判断したのだろう。左ひざに不安を抱える一塁モースの控えや外野のバックアップとしての起用を検討している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る