マーリンズがイチローの「3000安打」脅かす“万能選手”獲得へ

公開日: 更新日:

 マーリンズ・イチロー(41)には手ごわいライバルとなりそうだ。

 03年以来12年ぶりの世界一を目指すマーリンズが内外野とも守れるユーティリティーのアレン・クレイグ(30=レッドソックス)のトレードでの獲得に動いているという。レッドソックスの地元紙「ボストン・グローブ」(電子版)など、複数の米メディアが伝えている。

 右翼が本職のクレイグは昨季途中まで在籍したカージナルスで計5ポジションをこなしたが、単なる守備の万能選手ではない。134試合に出場した13年には得点圏打率4割5分4厘(130打数59安打)をマークした勝負強い打者。4割5分4厘の得点圏打率は80年のロイヤルズ・ブレット(4割6分9厘)、97年のパドレス・グウィン(4割5分9厘)に次ぐ史上3位の記録だ。

 昨季途中、レッドソックスに移籍。左足首のねん挫で、わずか29試合の出場(打率1割2分8厘)に終わったが、マーリンズは復活すれば戦力になると判断したのだろう。左ひざに不安を抱える一塁モースの控えや外野のバックアップとしての起用を検討している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る