イチローに続き…マーリンズに「岩隈獲得」構想が再浮上

公開日:  更新日:

 今オフ、イチローを獲得したマーリンズが、さらなる日本人選手取りに動く。03年以来、12年ぶりのプレーオフ進出を目指すチームが次に狙っているのは、マリナーズ・岩隈久志(33)だという。

 エースで昨年5月にトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受けた右腕のホセ・フェルナンデスの復帰は、後半戦までずれ込む見込み。このオフ、ドジャースから10年連続2ケタ勝利を挙げているダン・ヘイレンをトレードで獲得したが、本人はカリフォルニア州出身のため、「西海岸のチームでプレーしたい」と球団に再トレードを要求している。

 ダン・ジェニングスGMは昨オフ、先発陣の底上げを図るため、一度は岩隈の獲得を検討したといわれる。昨年11月に岩隈の放出話が浮上した際には、マリナーズにトレードを持ちかけた球団のひとつがマーリンズだった。マリナーズの本拠地は西海岸のワシントン州シアトルで、ヘイレンの希望とも合致する。マーリンズは岩隈とヘイレンを軸としたトレードに動くというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る