イチローのボスに? ジーターがマーリンズオーナー就任情報

公開日:  更新日:

 マーリンズ入りしたイチロー(41)のボスが代わるかもしれない。ヤンキース時代の同僚で昨季限りで引退を表明したデレク・ジーター氏(40)が、同球団のオーナーに就任する可能性があるからだ。

 4日付(日本時間5日)の「バファロー・ニューズ」紙(電子版)は、ジーターが米プロフットボールNFLの「バファロー・ビルズ」の買収を検討していたと報道。ビルズを巡ってはすでに14億ドル(約1640億円)で実業家への売却が決まったため、NFLからMLB球団の買収に方向転換したという。マーリンズに白羽の矢を立てたのは、自宅が本拠地のフロリダにあることも関係しているのだろう。

 ジーターは現役時代からセカンドキャリアについて「球団経営に興味がある」と話していた。同紙によれば、現役時代のジーターの総収入はCMのギャラなども含めて4億ドル(約470億円)。ジーター単独での買収は無理でも、共同オーナーとしてなら球団経営に参画できる。実際、プロバスケットボールNBAのスター選手だったマジック・ジョンソンは現在、ドジャースの共同オーナーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る