「想像力のスイッチを入れよう」下村健一著

公開日:

 高知・四万十町立七里小学校の5年生に、四万十川のほとりでメディアをテーマに授業を行った。一人一人に真ん中に小さな窓をあけた紙を持たせ、そこからのぞいて見えたものを答えさせた。「雨が降りそうな雲」「高くて柵のある橋」「駐車している3台の車」などを答えたが、著者はそれぞれの細切れの情報だけでは四万十川の川べりの本当の景色は伝わらないことを指摘する。そして、インターネットで得た情報や、LINEでの友人との会話以外にも情報があることを考えさせる。

 TBSの報道現場にいた著者が、東京、高知、福島で行った想像力を広げる特別授業の実況中継ドキュメント。小学上級以上対象の本。(講談社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る