「想像力のスイッチを入れよう」下村健一著

公開日: 更新日:

 高知・四万十町立七里小学校の5年生に、四万十川のほとりでメディアをテーマに授業を行った。一人一人に真ん中に小さな窓をあけた紙を持たせ、そこからのぞいて見えたものを答えさせた。「雨が降りそうな雲」「高くて柵のある橋」「駐車している3台の車」などを答えたが、著者はそれぞれの細切れの情報だけでは四万十川の川べりの本当の景色は伝わらないことを指摘する。そして、インターネットで得た情報や、LINEでの友人との会話以外にも情報があることを考えさせる。

 TBSの報道現場にいた著者が、東京、高知、福島で行った想像力を広げる特別授業の実況中継ドキュメント。小学上級以上対象の本。(講談社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る