「想像力のスイッチを入れよう」下村健一著

公開日: 更新日:

 高知・四万十町立七里小学校の5年生に、四万十川のほとりでメディアをテーマに授業を行った。一人一人に真ん中に小さな窓をあけた紙を持たせ、そこからのぞいて見えたものを答えさせた。「雨が降りそうな雲」「高くて柵のある橋」「駐車している3台の車」などを答えたが、著者はそれぞれの細切れの情報だけでは四万十川の川べりの本当の景色は伝わらないことを指摘する。そして、インターネットで得た情報や、LINEでの友人との会話以外にも情報があることを考えさせる。

 TBSの報道現場にいた著者が、東京、高知、福島で行った想像力を広げる特別授業の実況中継ドキュメント。小学上級以上対象の本。(講談社 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る