• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

うらぶれホステス熱演 池脇千鶴「頂点には到達できない」

 映画「そこのみにて光輝く」(呉美保監督)で池脇千鶴(32)が演じたヒロイン千夏は、うらぶれたバーのホステス。ボロ家で前科者の弟、寝たきりの父親らと暮らし、カネで男と寝ている。濡れ場もあり、汚れ役でもあるが、池脇はこう言う。
「台本を読んで、生き生きとした物語に心を揺さぶられたんです。濡れ場は初めてではありませんし、作品において必要でしたから、重きを置いたということはありません」

 どこか人生を諦めたようなキャラクターについては――。
「すべての女性に共通する、胸の奥がチクリとする状況なんだと思います。どん底から這い上がろうとせず、一歩踏み出せずにいる。自分を欠陥品のように見せるガードの仕方、ちょっぴりの不幸自慢、高く見せて落ちるより、低く見せている方が楽と考えてしまうような…。役をいただいてから、心と頭をフル回転して、イメージしていきました。<千夏ならどうするだろう>と思ううちに、私の中に何かが生まれていった気がします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る