• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

うらぶれホステス熱演 池脇千鶴「頂点には到達できない」

 映画「そこのみにて光輝く」(呉美保監督)で池脇千鶴(32)が演じたヒロイン千夏は、うらぶれたバーのホステス。ボロ家で前科者の弟、寝たきりの父親らと暮らし、カネで男と寝ている。濡れ場もあり、汚れ役でもあるが、池脇はこう言う。
「台本を読んで、生き生きとした物語に心を揺さぶられたんです。濡れ場は初めてではありませんし、作品において必要でしたから、重きを置いたということはありません」

 どこか人生を諦めたようなキャラクターについては――。
「すべての女性に共通する、胸の奥がチクリとする状況なんだと思います。どん底から這い上がろうとせず、一歩踏み出せずにいる。自分を欠陥品のように見せるガードの仕方、ちょっぴりの不幸自慢、高く見せて落ちるより、低く見せている方が楽と考えてしまうような…。役をいただいてから、心と頭をフル回転して、イメージしていきました。<千夏ならどうするだろう>と思ううちに、私の中に何かが生まれていった気がします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る