うらぶれホステス熱演 池脇千鶴「頂点には到達できない」

公開日: 更新日:

 映画「そこのみにて光輝く」(呉美保監督)で池脇千鶴(32)が演じたヒロイン千夏は、うらぶれたバーのホステス。ボロ家で前科者の弟、寝たきりの父親らと暮らし、カネで男と寝ている。濡れ場もあり、汚れ役でもあるが、池脇はこう言う。
「台本を読んで、生き生きとした物語に心を揺さぶられたんです。濡れ場は初めてではありませんし、作品において必要でしたから、重きを置いたということはありません」

 どこか人生を諦めたようなキャラクターについては――。
「すべての女性に共通する、胸の奥がチクリとする状況なんだと思います。どん底から這い上がろうとせず、一歩踏み出せずにいる。自分を欠陥品のように見せるガードの仕方、ちょっぴりの不幸自慢、高く見せて落ちるより、低く見せている方が楽と考えてしまうような…。役をいただいてから、心と頭をフル回転して、イメージしていきました。<千夏ならどうするだろう>と思ううちに、私の中に何かが生まれていった気がします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  2. 2

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る