• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

評価うなぎ上り ドラマより甘い石原さとみの“唇”と“演技”

 昨年末、ワールドワイドな美人番付で日本人最高位に選ばれたのもうなずける。どこかアカ抜けない“田舎の小娘”から脱皮し、ここ1、2年で大人の色気をまとい始めた石原さとみ(27)。

 化粧品、通信、アパレル、金融、教育などCM出演社数は9社(13年)と好感度は以前から高いが、女優としての評価もウナギ上り。小栗旬主演の月9「リッチマン、プアウーマン」(12年7月期)で20代半ばで女子大生役を好演し、「一時期なりを潜めていたが、ここ最近、ドラマの企画会議でちょくちょく名前が挙がってくるようになった」(在京キー局関係者)。昨年12月には特別企画枠で小池真理子原作の「恋」(TBS系)で主演を務め、正月の特番ドラマ「新参者・眠りの森」(TBS系)でも主要な役どころを演じるなど絶好調だ。

 極めつきは1月にスタートした月9ドラマ「失恋ショコラティエ」(フジテレビ系)。刑事モノと医療モノが乱立する今期ドラマにあって、唯一のド直球の恋愛モノ。下馬評は決して高くなかったが、「見どころは主演の松潤より石原さとみ。彼女の代表作になり得る作品」(テレビ誌ライター)というのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る